カテゴリ:史跡めぐり( 13 )

長崎街道開通400年

長崎街道(長崎~小倉)約228㎞
長崎街道最大の難所といわれた冷水峠は1612年に開鑿。
これをもって長崎街道の開通と考えられたそうです。
筑前六宿の内、山家宿~内野宿(飯塚市)を散策しました。

内野宿・下の茶屋
d0067165_10454193.jpgd0067165_10461939.jpg

内野宿のシンボル大銀杏の葉っぱが黄色い絨毯に
d0067165_105188.jpg

天女寺・西光寺
d0067165_10535842.jpgd0067165_1055348.jpg

麻生「大浦荘」にて紅葉狩り
麻生グループ創業者麻生太吉の長男太右衛門の住宅として建築されました。(1924完成)
d0067165_1154324.jpgd0067165_116457.jpg
[PR]
by greenmist2 | 2012-11-26 10:33 | 史跡めぐり

佐賀県唐津市・呼子

鯨組主中尾家屋敷
d0067165_1673291.jpg
d0067165_1349378.gif

中尾家は、江戸時代から明治初頭にかけて、八代170年間にわたり呼子を拠点に捕鯨業を営んでいた鯨組主で唐津藩の財政に大きな影響力を与えていたようです。「鯨一頭捕れば七浦にぎわう」という俗諺が残っていますが漁をするのは1年の内4か月。最盛期には500頭の捕獲をしていたといいます。

日本三大朝市の一つ「呼子の朝市」の通り
平日は静かでした。
d0067165_1693873.jpg

今では呼子といえばイカ
♪肴はあぶったイカでいい~♪
d0067165_1610754.jpg

[PR]
by greenmist2 | 2012-04-30 14:08 | 史跡めぐり

志賀海神社

福岡市東区志賀町
志賀海神社
ご神祭「綿津見三神「海神の総本社」「龍の都」と称えられてきた由緒ある神社です。
全国の綿津見神社、海神社の総本宮(海神の総本社)を称し、4月(山誉祭)と11月(海誉祭)の例祭において「君が代」の神楽が奉納される。
d0067165_12421081.jpg
禊祓の神様だけに清めの御汐いが各所においてある。d0067165_1243035.jpgd0067165_12443216.jpg
d0067165_13134461.jpg
d0067165_12444729.jpg
*建創は定かではないが約1800年前、筑前国風土記に神功皇后が三韓征伐の際に志賀島に立ち寄ったとの記述があり、代々祭祀を司る阿曇氏の祖神である阿曇磯良が舵取りを務めたとされる。
安曇族は志賀島を一大拠点とし、国内や大陸との交易を広く行っていた。
その交易の足跡が対馬・兵庫・長野県安曇野市・石川県志賀町・滋賀県安曇川・愛知県渥美半島
など「しか」「あつみ」と称した土地に多くみられる。

鹿がいたから志賀島という説も。
鹿の角が保存されている。d0067165_1324260.jpgd0067165_13241554.jpg

亀石遥拝所神功皇后の三韓征伐のおり、阿曇磯良が亀に乗って皇后らの前に現れた故事にちなんで後世奉納されたもの
d0067165_13345779.jpg

[PR]
by greenmist2 | 2012-04-22 12:49 | 史跡めぐり

羽根戸古墳群&地蔵堂(福岡市西区)

西区よかとこ案内・平群クラブのテリトリーの一部
羽根戸古墳群
d0067165_18332957.jpg

d0067165_19373052.jpgd0067165_19295741.jpg

6世紀前半から7世紀の群集墳。地蔵堂周辺だけでも144基、
この内28期が発掘調査されている。
*明治13年(1880年)頃,高さ70.5センチメートルの 「装飾付器台(そうしょくつききだい)・子持ちはそう」が欠損の少ないほぼ完全な形で 出土した。現在は伊勢神宮宝物館に所蔵されており,飯盛神社にレプリカがある。
    地蔵堂
d0067165_18331262.jpg
叶岳の名代地蔵と言われ、堂内には地蔵菩薩と薬師如来が安置されている。

広石南古墳群
福岡市西区今宿青木
d0067165_1948236.jpg移設された石室d0067165_19484120.jpg

中村学園内の中にある。
グランド拡張工事のため2基あった古墳のうち1基は記録保存とされ
1号墳の石室は移設され教材資料として活用されている。
[PR]
by greenmist2 | 2012-04-17 18:42 | 史跡めぐり

橋本八幡宮・きずなの木

福岡市西区橋本八幡宮
文明14年(1482年)、筑前国早良郡橋本村に土着した陸奥国刈田の住人・柴田繁信によって八幡宮が建立された。以来橋本村一円の鎮守神として江戸時代、橋本村で生まれ育った福岡3代藩主・黒田光之の産土神として橋本八幡宮は藩より格別の崇敬を受けた。光之(※光之は橋本生まれ)が藩主となると寛文6年(1666年)8月、橋本村より西新百松原の地へ遷宮した。
社が移転した後の橋本地区には、現在では新たに橋本八幡宮が鎮座している


d0067165_1247018.jpg
境内にある「クスとマキ」
 絆 タイムリーな命名ではありませんか
d0067165_12472261.jpg

[PR]
by greenmist2 | 2012-04-17 12:49 | 史跡めぐり

防府歴史ウオーク

SNF歩こう会の3月例会
山口県防府市
種田山頭火の生家跡から小路を散策
d0067165_17403959.jpg

d0067165_17412053.jpg人家のあちこちに句が飾られているd0067165_1741096.jpgd0067165_17553199.jpgd0067165_17414258.jpg



国指定名勝 毛利氏庭園
25,000坪の広大な庭園は桜・ツツジ・さつき・紅葉など
四季折々に美しい表情を見せてくれるそうです。
d0067165_17412127.jpg

周防国分寺
天平13年(西暦741年)聖武天皇の勅願により、国ごとに建てられた官寺のひとつです。
d0067165_1824184.jpg

[PR]
by greenmist2 | 2012-03-31 17:40 | 史跡めぐり

弥生の「クニ」再現

福岡市西区にある国内最古級の王墓
吉武高木遺跡がいよいよ復元されることになりました。
2012年度の予算案に計上されたという記事が西日本新聞の一面で紹介されました。
公園化には24億円かかるそうですが地元の熱い要求に応えるとのことです。

d0067165_1294523.jpg
d0067165_16463749.jpg
d0067165_12313966.jpg


d0067165_12142890.jpg

西区よかとこ案内 
平群クラブで吉武高木遺跡のご案内をしています。
今は発掘作業の後を埋戻して、何もない状態です。
貴重な文化遺産ですからね~
いつの日にか公園化されることを願っていました。
d0067165_12193449.jpg

[PR]
by greenmist2 | 2012-02-01 12:01 | 史跡めぐり

福岡市東区香椎宮周辺 

今年最初の史跡探訪は福岡市東区香椎。


香椎宮
主神に仲哀天皇・神宮皇后
ご由緒・仲哀天皇(200)  神宮皇后躬ら祠を建て仲哀天皇の神霊を祀られたのが起源。
天皇陛下の使者、勅使を受ける勅祭社は九州では香椎宮と宇佐神宮。全国では17社。

       桜門
d0067165_16343963.jpg



d0067165_16405523.jpg 16弁の菊のご紋が d0067165_1646279.jpg



ご神木綾杉 ( 西暦200年) 神宮皇后が植えられた杉
d0067165_16552661.jpg

d0067165_17112382.jpg武内宿祢(たけのうちすくね)
自ら掘った井戸で300年の長寿を保ち五朝にお仕えされたとか
すなわち「不老水」なり
   ↓

不老水
d0067165_17181771.jpgこれだけ飲めば長生き間違いなし!d0067165_17191367.jpg
[PR]
by greenmist2 | 2012-01-21 17:54 | 史跡めぐり

クルミの木

d0067165_2043135.jpg福岡県春日市
大きな楠木が迎えてくれる春日神社

その境内の傍にこんな木が・・・
「葉っぱはハゼのようだけど、でも実が違うよ」
「何の木かな?」
d0067165_2041573.jpg

調べてみると
なんとクルミの木でした。
だんだん大きな実がクルミに見えてきましたよ。



d0067165_19424755.jpg神社のお向えにはなんと建物と一体化した五重塔。面白いのでパシャッ!
[PR]
by greenmist2 | 2011-05-22 20:42 | 史跡めぐり

「よかとこ案内人」デビュー

ボランティアガイド「福岡市西区よかとこ案内」
3月から活動に参加しています。
福岡市西区は東は干隈・飯倉丘陵、西は長垂山系、南は脊振山系、北は博多湾に面し
中央に脊振山系を源流とする室見川(全長約16㌔)があり、
2000年以上の昔から朝鮮半や大陸との交流があった処。
たくさんの遺跡があり、古事記や日本書紀にも関連記事が多くあります。
この地区は「平群クラブ」というボランティア団体が年に4回、様々なコースをご案内します。

d0067165_13495657.jpg

今回のコースは金武~橋本地区
春休み中なので子供コースも用意。
歴史好きな小学生や地下鉄車両基地見学を楽しみにきた子供たちも参加しました。

室見川沿いの桜は残念ながらまだ蕾。
花冷えのする寒い一日でしたがみんな元気いっぱい!
d0067165_13145689.jpg

野方遺跡からスタート
d0067165_1358553.jpg
d0067165_1357527.jpg
壱岐南公民館に臨時設置した「戸切遺跡」発掘品。触れることもできる物もあります。
おっかなびっくり?

d0067165_13572550.jpg
d0067165_13581647.jpg
市営地下鉄七隈線の車両基地見学d0067165_13583678.jpg
d0067165_1357472.jpg
                                        アメンボウ池
                                  8月には蓮の花も咲きます
d0067165_16544776.jpg

吉武高木遺跡(国指定遺跡)日本最古の王墓
といっても今は埋め戻され何もありませんが、卑弥呼が活躍したであろう200年以上も前のお話ですからね~ 古い!
国家予算が下りれば公園化される予定ですが・・・いつの日か・・・。
[PR]
by greenmist2 | 2011-03-26 13:15 | 史跡めぐり


デジカメもブログも楽しい今日この頃


by greenmist2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳



☆greenmist1☆


その他のリンク集
足裏反射区

カテゴリ

全体
自然
flash
携帯
動画
史跡めぐり
その他
未分類

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧